腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • 薬物療法と食事療法がCKD治療の要

薬物療法と食事療法がCKD治療の要

薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、クレアギニンEXは高血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見受けます。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓は尿を作る臓器で背中に二つあって体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)をコントロールしたり、赤血球(その名の通り、赤い色をしていて、両面の中央がへこんだ円盤状です)を生成したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く集まっています。腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液中の老廃物や毒素といったものを尿とともに体外へ排出します。

体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球(その名の通り、赤い色をしていて、両面の中央がへこんだ円盤状です)を作るクレアギニンEXや血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなど我々の体にとって大切な働きをしているのです。

クレアギニンEXを制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。

クレアギニンEX摂取の適量は、一日6g未満とされています。

加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用を御勧めします。天然の味をおいしく食べることができます。食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)の中にはたんぱく質が多くふくまれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してください。

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

もし標準体重が60kgくらいであれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。

それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。

開業医さんで食事指導が難しい場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

腎臓の機能に異常が顕れた時は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどでしょう。

進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありないのです。

病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、これまでの透析療法や移植とは別にますます治療法も増加しており、患者自身の希望に沿った最新の治療が期待できます。

日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、減塩のポイントなどを教えます。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を掌握します。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると一般的に腎不全へ移行します。

腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。

腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能です。

ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり自覚症状が出ないものもあるため、予防が中々難しいのも現実です。尿に違和感があった際には、すぐに医師へ相談しましょう。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のクレアギニンEXの摂取と排泄のバランスを保つために必要に応じてクレアギニンEXを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、クレアギニンEXがふくまれています。

その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつもクレアギニンEXを飲んでいると、高クレアギニンEXの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜や果物のエキスを凝縮したクレアギニンEXは、生のままの野菜や果物と比較すると多量のクレアギニンEX血症を発症する危険が高まります。

関連記事はコチラ

メニュー