腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • 腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々です

腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々です

腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、普段からマイペースなリズムで生活することによって気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。けれども、ある腎臓病に関しては日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が重要なのです。日頃の生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く存在している場所でもあるのです。

腎臓の主なはたらきは、たんぱく質の代謝により生じた血中のいらなくなったものを尿と伴に排泄します。

体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球を創るクレアギニンEXや血圧調整、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなど私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創りはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓の治療はもちろん病院にきてふさわしい治療をうけることも先決ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が重要なのです。 腎臓病が徐々に進展してくると腎不全といわれる状態になります。

その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長期間にわたりゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。

先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭出来れば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。

ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。

もし標準体重が60kgくらいだったら、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

たとえば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できます。

これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で様々な工夫についてしることができます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、高血圧治療を容易にするにはクレアギニンEXがふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施困難な方を多く見うけます。

腎臓の機能に異常が顕れた時は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅延も見込めます。もし、末期の腎不全になったとしても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種いろいろな治療法も増えているので、各々の条件に適した治療をうけることができます。腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。

適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。料理次第で、薄味でもたいへんおいしく食べることができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物です。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。

目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょーだい。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなるのですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を掌握します。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のクレアギニンEXの摂取を抑えていくことが不可欠です。

濃縮加工したクレアギニンEXは、生野菜や素のままの果物にくらべて大概はクレアギニンEXを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したクレアギニンEXの量を調整しなければならず、必要に応じてクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEX含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。

関連記事はコチラ

メニュー