腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • クレアギニンEXのネットでの口コミはどうなの?

クレアギニンEXのネットでの口コミはどうなの?

腎臓病の中でも慢性腎臓病(蛋白尿が出たり、腎臓の機能が60%以下に低下した状態が続くことを指します)に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のクレアギニンEX(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)の摂取を抑えていくことが不可欠です。

クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や果物と比べてふくまれているクレアギニンEX(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)が、ミスなく多量です。

沿ういったりゆうもふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、高クレアギニンEX(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)を体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのクレアギニンEX(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてクレアギニンEX(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)血症を発症する危険が高まります。

クレアギニンEXを制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。

一日に6g未満が、クレアギニンEX摂取量としては適切とされています。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。

食べ物の中にはたんぱく質が多くふくまれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて頂戴。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると腎不全へと推移します。

その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い年月をかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在しはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体にとって大切なはたらきをしています。

腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓は糸球体という小さな血管がたくさん集まっている場所です。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、また、赤血球を造り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨組織に必要なクレアギニンEXを造り出すなどの重要な役割を担っています。

薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防止するためにもこれらの自発的な管理が必要です。

減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、高血圧治療を容易にするにはクレアギニンEXがふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実行に移せない方が数多くいます。

腎臓病は遺伝性の腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することで心身ともに活力溢れた毎日を過ごすことができます。

ところが、腎臓病の中にはすさまじく進行するまで自己判断が難しいものもあるので、常日頃の健康管理が大事です。

日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となっています。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えて貰いながらいろいろと工夫してやっていけます。

開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。

腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。しかし、近頃では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を見つけることが可能です。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、また献立の工夫や、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に取り入れているかをチェックします。

24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。

24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。

関連記事はコチラ

メニュー