腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!

腎臓病〜クレアギニンEXでクレアチニンを下げるサポートができる!
健康診断でクレアチニン値の高い事を指摘され、数値を下げる方法で悩んでいる方、夜間の頻尿で悩んでいる方、そんな腎臓病でお悩みの方に選ばれ続けるノコギリヤシエキス配合のクレアギニンEX!食生活改善と合わせ悩みを解消された方が続けて飲んでいます
  • HOME >
  • クレアギニンEXは効果があるの?

クレアギニンEXは効果があるの?

私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしておりちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が数多く集まっています。

腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球を作り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨組織に必要なクレアギニンEXを作り出すなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。

腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンが殆どのようです。

しかし、最近では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはますます治療法も増加しており、患者自身の要望に沿った治療をうけることが可能です。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、普段からマイペースなリズムで生活することによって気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには無自覚なものもあるために、常に油断しないようにすることです。場合によっては尿に病気のサインが出るので、すぐに医師へ相談しましょう。

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、前向きにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、クレアギニンEXについては、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方もたくさん見られます。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要です。

食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。

主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。

具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質やクレアギニンEXを摂取しているかをチェックします。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を分析できます。

腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。クレアギニンEX摂取量は1日6g未満が適切とされています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品を摂りましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用をお勧めします。天然の味をおいしく食べることが可能です。

たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されています。

まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して頂戴。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のクレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮したクレアギニンEXは、生野菜や素のままの果物に比べてふくまれているクレアギニンEXが、ミスなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、常日頃からクレアギニンEXを好んで摂っていると、高クレアギニンEXの量を調整しなければならず、クレアギニンEXを排泄するはたらきが低下していき、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEX血症を発症する危険が高まります。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっていますよね。尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると一般的に腎不全へ移行します。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。

先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎機能の回復が見込めます。

慢性腎不全については、その特長により徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。

関連記事はコチラ

メニュー